放射線増感剤による
臨床研究を行っている動物病院

現在、こちらの高度診療施設にて
扁平上皮癌、悪性黒色腫、鼻腔内腺癌、悪性上皮腫瘍、骨肉腫、脳髄膜腫、神経膠腫、リンパ腫など
約400件の症例においてイヌ・ネコでの臨床研究※を行っています。
この放射線治療時に於ける放射線増感剤(レブリチン)の併用が
効果を発揮することが認められ、症例データを蓄積しています。

※犬や猫を対象として行われる医学研究で、治療方法の改善等を目的として行われます。
臨床研究に参加すると専門的な治療が受けられる事があります。

<東北エリア>

<中部エリア>

<関東エリア>

<東海エリア>

<中国エリア>

<四国エリア>

この病院の他にも「がんの放射線治療に於ける新たな取り組み」を
始めている病院が全国に増えつつあります。

お願い

上記の各施設への
愛犬家・愛猫家の皆さまからの直接のご連絡や予約は受付ておりません。
必ずかかりつけの動物病院へご相談ください。

家族の一員である
可愛いわんちゃん、ねこちゃんと
一日でも長く健やかに過ごせますように・・・