放射線増感作用実験

  • 放射線増感作用実験

    放射線照射のみ

  • 放射線増感作用実験

    レブリチン+放射線照射

単独放射線照射とレブリチン+放射線照射でみる腫瘍量の比較

単独放射線照射とレブリチン+放射線照射でみる腫瘍量の比較

• レブリチン投与と放射線照射を併用すると、強力な抗がん効果を発揮することが確認されました。
• 放射線の照射線量は、従来法と比較して 1/4~1/6 に低減が可能でした。

安全性試験(GLP試験)

非臨床試験における安全性試験(GLP試験)の結果、効果を発揮する投与量で副作用は認められませんでした(細胞毒性が無いということです)。
過去、細胞毒性が無い(副作用が起こる要因が見当たらない)抗がん剤が報告されたことはありません。

  • 品質

    1. • 構造、一般特性
    2. • 製造方法およびプロセス・コントロール
    3. • 特性、原薬の規格および試験方法
    4. • 安定性(長期保存試験、加速試験、苛酷試験)

    薬理動態試験

    1. • 吸収(げっ歯類、非げっ歯類:GLP)
    2. • 分布(げっ歯類:GLP)
    3. • 代謝(げっ歯類:GLP)
    4. • 排泄(げっ歯類:GLP)
  • 薬理試験

    1. • 放射線増感作用
    2. • 抗腫瘍作用
    3. • 安全性薬理試験:中枢神経系、呼吸器系、心血管系
      (げっ歯類、非げっ歯類:GLP)

    毒性試験

    1. • 単回毒性試験(げっ歯類、非げっ歯類:GLP)
    2. • 反復投与毒性試験(げっ歯類、非げっ歯類:GLP)
    3. • 特性、原薬の規格および試験方法
    4. • 遺伝毒性:Ames test および小核試験(non-GLP)