Malignant Tumor Treatment Technologies, Inc.

がんの治療方法

がんの放射線治療

放射線増感剤:レブリチン
Copyright 2017.  MT3, Inc.  All Rights Reserved.
・放射線治療はがん細胞に対して局所的に攻撃する治療法です。がん周囲の正常組織に当たる放射線量を最小限に抑えながら、がんに多くの放射線を照射するピンポイント治療によって、痛みがなく、副作用を最小限にとどめた効率的な抗がん治療が行えます。

・放射線治療は単独で行われることもありますが、薬物療法や手術療法などと併用して行われることもあります。
しかし、がんが発見された時にはすでにがん組織が増大化している場合が多く、中心部が低酸素状態になっています。放射線治療では、酸素が少ないと放射線の抗がん効果が十分に発揮できません。
そこで有効とされているのが、放射線増感剤の併用です。放射線増感剤はがん組織の中心部の酸素濃度を上げて、放射線治療の抗がん効果を最大限に発揮させます。さらに詳しく