Malignant Tumor Treatment Technologies, Inc.

がんの治療方法

がんの放射線治療

放射線増感剤:レブリチン
Copyright 2017.  MT3, Inc.  All Rights Reserved.
がんの治療は、がんの種類や進行度のほか、治療を行う病院や担当医の方針によっても異なります。治療の方法、予想される副作用やその対処法について担当医に事前に確認することが大切です。
手術療法
がん組織を切り取ってしまう治療法です。手術では、がん組織と、転移を想定して周辺のリンパ節を切除します。がんを取り残せば再発しますから、転移の恐れの有る範囲よりやや広めにリンパ節を取り除きます。
化学療法
抗がん剤でがん細胞の増殖を抑え、死滅させる治療法です。抗がん剤は、身体全体に治療の効果が及ぶことを期待できるため、転移のあるとき、転移の可能性があるとき、白血病やリンパ腫のように全身的な治療が必要になるときなどに行われます。
放射線療法
がん組織に的を絞って放射線を照射する局所療法です。がんに侵された臓器の機能と形態の温存が出来ます。痛みがなく、副作用を最小限にとどめることができる、身体にやさしい治療法とされています。
さらに詳しく